MESSAGE メッセージ

「串打ち3年、割き8年、焼き一生」という言葉があるように、うなぎというと、技術的な習得のハードルが高く、見習いの期間が長かったり、入って数年はうなぎを触らせてもらえない厳しい職人の世界……というイメージがあるかもしれません。もちろん、当店にも見習い期間や修行の期間はあります。ですが、オールラウンダーで仕事をしてもらいながら、1年目から技術的なことを教え、どんどん成長してもらいたいと思っています。さらに、当店はうなぎ専門店なので、例えば「うざく」や「う巻き」といったうなぎ料理にチャレンジしてもらい、おいしかったらメニュー化もあり得ます。皆さんが専門学校などで勉強してきた技術も、きっと活かせるでしょう。和食の中でも、うなぎはニッチな業態です。さらに関東では珍しく、地焼きにこだわっています。青うなぎという他ではなかなか扱えない食材も扱っています。ニッチだからこそヒットすれば大きい、さらに時代に左右されない長く愛され続ける味と職場で、皆さんの技術を活かしてみませんか? そして、ゆくゆくは一人前の職人(店長)として、店舗をお任せできる存在になってもらいたいと考えています。一緒にがんばりましょう!

代表取締役/店長 秋谷 智和

詳しく見る

CULUTURE 文化・制度

江戸屋うなぎ店(有限会社エドヤ)では、70余年前の創業以来、毎日欠かさず継ぎ足してきた秘伝のタレと、毎朝、店主自ら直接見て選んできた柔らかく大きな青うなぎを、上質な備長炭で蒸さずに焼き上げてご提供しています。また、心のこもったおもてなしと、大切に人を育て、ずっと一緒に働きたい職場づくりを心掛けています。

こだわりの「青うなぎ」を使用

100匹に10匹しか獲れない貴重な食材

江戸屋うなぎ店では独自の仕入れ方法によって、産地を問わず、その日一番の「青うなぎ」を扱っています。しかも、専門店だから使用するのは青うなぎメイン。その柔らかさを活かして、創業から継ぎ足してきた秘伝のタレと炭火で焼き上げた「地焼き」で、他では味わえない“こだわりのうなぎ”をお客様にご提供しています。「この味に惚れた」と働きに来る方もいるくらい。ぜひ一度、食べてみてください。

一覧を見る