CROSS TALK / 特別座談会

VOL.2

入社5年目の同期、
これまでとこれからの南海ビルサービスへの想い

入社5年目のふたりにインタビューしてみました

同期で入社し、入社して5年が経ったふたり。
お互いの5年間、それぞれの部署について今一度語り合う。
若手ふたりの会社、仕事への想いに迫る。

MEMBER PROFILE

施設管理第一部第二課
小川 貴之
2014年入社
出身

鉄道施設課
七尾 啓介
2014年入社
出身

”メンテナンス”の仕事

小川:
僕たちが新入社員で入社してもう5年経つね。
この5年間、入社当時から振り返ってみてどうだった?

七尾:
もう5年も経つんだ。あっという間だったね。
まだわからないことは多いけど、ちょっとは慣れてきたと思えるようになったかな。

小川:
そうだね。まだまだ覚えることもたくさんあるけどね。
そういや、七尾くんの部署のことって以外と知らないかも。

七尾:
僕の部署は、鉄道関連の通信設備のメンテナンスをしてるよ。
日常の保守点検や故障が見つかった時の補修や工事もやっているんだ。

小川:
そうなんだ。僕はオフィスビルや商業施設に設置された設備のメンテナンスだよ。
電気、空調、給排水などの保守管理を行ってるよ。

七尾:
”メンテナンス”ってところは共通してても、関わる施設や技術は全然違うんだね。

七尾:
僕はたくさんの人々の日常で使われる鉄道に関われていることにすごくやりがいを感じるな。
小川さんは?

小川:
やっぱりお客さまから「ありがとう」「助かったよ」という言葉をいただいたときかな。

七尾:
やっぱりお客さまに喜んでもらえることが一番うれしいよね。
こうやって同じ会社でも、喜んでもらえるお客さまは多方面に広がっているね。

小川:
そうだね。そう考えると、会社としてはすごく多くの人に安心・安全を与えられてるよね。

いまの自分たちに足りないこと、できること

小川:
最初に戻るけど、入社して5年経ってこれから僕らが身につけるべきことってなんだと思う?

七尾:
いまはまだ指示を受けて動いているけど、自分でどう対処すればいいのか決めて行動できるようになりたいな。

小川:
そうだよね。これから後輩もどんどん増えてくるから、質問に対しての判断や説明できる力を伸ばしたいね。
上司や先輩の指示をしっかり聞いて学んで、もっと経験を積まないとなあ。

七尾:
そうだね。いま若手だからこそ自分たちにできることもあるかな?

小川:
行動力では負けないように頑張りたいな。率先して動いて、活気づけれたらいいなと思う。

七尾:
あとは、いまから入社してくる人のために今よりもっと働きやすい環境や制度をつくれたらいいな。

小川:
そうだね。僕らの視点だから気づける課題もあると思う。
どんどんアイデアを伝えていきたいね。

七尾:
こうやってお互いの部署のことを聞いてみると、以外と同じ会社でも知らないことって多いのかもね。

小川:
業務の領域が幅広い分、全然違うところもあればここは共通するんだなってわかるところもあってよかったな。

七尾:
最近同期みんなで集まれてなかったけど、久しぶりに会って他の部署のことも聞いてみたいね。

小川:
うん。せっかくの同期だしみんなでこれからも力合わせて頑張っていこう!

OTHER TALK