専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

ソムリエ・バーテンダー・バリスタ
山口 卓郎
  • Fresh Seafood Bistro SARU
  • 新宿調理師専門学校出身

従業員のキャリアアップを考えてくれる懐の広さが魅力

Rootで働くようになって丸5年。最近店長になりました。前職のイタリアンレストランでキッチンとホールを3年半ほど経験し「ワインが好きな自分はやっぱりホールをやりたい」と考えてRootで働く中で、ついに店長職(ホールの責任者)に就かせてもらいました。自分が進みたいキャリアや、自分に向いている職種に進ませてもらえる懐の広さがあるのも、この会社の魅力です。実は今、ソムリエの資格を取ろうと思っています。来年には取れていればいいな、と。ソムリエの資格が自分をさらにバージョンアップさせ、できることの選択肢を増やすことになると考えています。そして、それを叶えさせてくれる職場にいるなぁ、と実感しています。

UPDATE:2019.09.26

Original

慰安旅行があるから仲間同士でコミュニケーションができる

福利厚生の一環として、会社全体での慰安旅行があるのもこの会社の魅力の一つじゃないかと思います。個人的には慰安旅行とかが好きなので、特に(笑)。最近は店舗が増えたので段階的に休暇を取って行くようになりましたが、過去には秩父や箱根の温泉に行ったり。この前は熱海にも行きましたよ。もちろん、ただ温泉に入って遊ぶだけではなく、全店会議も一緒にやるのですが、普段は別の店にいる仲間たちと会えたり、店ごとに違うコンセプトを話題に料理や素材の話をできるのは刺激的です。異なるコンセプトの店ばかりなのに会社として一体感があるのは、そういうコミュニケーションの場を大事にする考え方があるからかもしれないですね。

UPDATE:2019.09.19

Original

研修制度で飲職人としてのステージアップができる

Rootには研修制度があります。半期ごとに自分たちで行きたい生産者さんをリストアップして訪れることができる制度を会社が推奨していて、僕もその制度を使ってさまざまな生産者さんのところに勉強に行っています。料理はモノづくりです。でも、料理を支えているのは肉や魚介や野菜といった素材だけじゃなくて、お皿も料理の一つなんですよね。研修制度を通じて自分の中の知識が増えました。料理人だったらその知識を料理に活かす、ホールならその話をお客さまに伝えることで共有する。自分がお客さまに提供している料理が、どういうルートを通ってテーブルにまで運ばれているのかを理解することで、飲職人としてのステージを上げられました。

UPDATE:2019.09.12

Original

会社としてちゃんとしていて、さらに「個」を発揮できるRoot

前職は、イタリアンレストランで働いていました。レストラン系飲食のイロハを一通り学ばせてもらったあと、キャリアアップを考えるようになり、知り合いの伝手もあって、猿田社長の話を聞いたり、HPを見たりしてRootを選びました。肉系、シーフード、野菜とスモーク料理……など、店舗ごとのテーマがはっきりしているのが面白いです。飲食店を選ぶときに大手で働くのも一つの選択肢だと思います。母体が大きいし、福利厚生もしっかりしていたりと安心感があります。ただ個人的には、大手では「個」が薄まる気がしました。「会社」としてちゃんとしていること、さらに「個」を発揮できる場所で働きたいと考えた結果、Rootに決めました!

UPDATE:2019.09.03

Original

この会社で体験できること!

各店舗によりテーマが違うため、そのテーマに特化した食材、料理、ワインが学べます。
日本各地の生産者とのつながりがあり、直接産地に行き自分の目で見た食材を使えるので、まさしく「産地直送」の食材に触れられます。
自分の興味のある食材、ワインがあれば積極的に仕入れられお客様に提供もできます。
ワインはフランス・イタリアだけでなく、日本はもちろん世界中のワインが勉強できます。
社員全員が営業実績などを共有している為、数字の勉強もできます。
働く時は働く、遊ぶ時は遊ぶ、休む時は休む。メリハリのある会社だと思います。

UPDATE:2019.07.17

もっと見る

ENTRY 応募