専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

管理本部 経理部
清水 和也
  • 本社
  • 二松學舍大学出身

入社6年目。今抱いている目標。

経理の仕事の全体が見えてきたからこそ、建設業経理士1級を取得したいと考えています。 これまでの経験の証として、資格を取得したいですね。あともう1つの目標というか希望としては、 坂田建設で経理以外の部署を経験をしてみたいと思っています。例えば、現場事務所の管理部のポジションなどです。経理という立場から坂田建設を見てきましたが、次は別の方向からの会社を見てみたいです。 色んな立場で仕事をすることで、また違う発見や経験が得られるんじゃないかと思っています。

UPDATE:2019.10.11

Original

苦戦したことといえば・・・。

扱うのは「数字」。すべてにおいて、数字の根拠がないと進まない仕事です。
1年目は何も知らない状態だったので、書類の詳細、社員の名前、組織自体も知らない状態で進めていくのは 大変でした。一番苦戦したのは、「間違い」に気付くこと。最初は、合っているだろう、で進めるのはやめて、自分で気づけていないミスがあると思うようにし、先輩にたくさんフォローしてもらいました。今では、自分がチェックをしたり、指導するまでに成長できました。これを覚えれば一人前。ということは難しく、どうしても経験がものを言います。なので、1人前になるのは5年くらいかかると思うのですが、続ければ益々見える景色も変わっていきました。

UPDATE:2019.10.10

Original

坂田建設の経理職の魅力

経理部は4名のメンバーで活動しています。月末や決算前などは大忙しなのですが、チーム一丸となって取り組んでいて良い部署だと思っています。決算書の作成は、いわば1年の会社の集大成を数字で形にすること。とてもやりがいを感じる瞬間です。経理の仕事を経験して、おもしろいと感じるところは、コツコツと自分が成長している実感がもてることです。やればやるほど、見抜けなかったところを見抜けたり、作業を正確にスムーズにできたり。
また、建築・土木・その他の部署の人と関わりながら進めるので、会社全体を知れる事もいいところです。おまけにどの部署もいい人ばかりで仕事がしやすい!これは坂田建設ならではの良さですね。

UPDATE:2019.10.09

Original

入社後の私のキャリアステップ

入社してすぐは先輩のアシスタントから。1年を通じて取り組む仕事が様々あるので、1つ1つ覚えていきました。2年目からは、1人で任される仕事が少しずつ増え、相談しながらではありますが、自分でできることも増えていき、自信も徐々についていきました。その頃から、建設業の経理業務を行う上で必要となる、建設業経理士2級の勉強を並行して行い、取得することができました。特に最初は右も左もわからない中で、会社の数字を扱うという責任重大な仕事を担うので、不安だらけでしたが、入社前に感じたアットホームな社風はもちろん変わらず、何でも相談できる環境だったので、着実に成長することができました。

UPDATE:2019.10.08

Original

私が新卒で坂田建設へ入社を決めた理由

就職活動では、業種・職種で絞らず、気になった会社があれば応募してみる、というように自分の直感で進めていました。色んな企業を知る中で、社風が自分に合うかが重要だと思うようになっていたのですが、その中で坂田建設を知り、会社訪問・選考を通じて、「アットホームさ」を感じ、飾らずにいれる、ここが一番自分に合っていると確信し、入社を決意しました。そして、営業や専門知識が求められる技術職ではなく、経理という内部から会社へ貢献する職種を選択しました。入社して驚いたのは、社長と近くで仕事ができること。立場の垣根は一切なく、気軽に話しかけてくれるそんな環境が坂田建設にはあり、入社して大正解でした。

UPDATE:2019.10.06

Original

もっと見る

ENTRY 応募