専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

現場監督
野木 健司
  • 本社
  • 摂南大学出身

完成後の景色を想像しながら、建てる。

過程で大切にしたことは、完成後、その建物を使う人のことを想像することです。「カラーをショッキングピンクにしたい!」という要望など、「こんな空間にしたい!」という想いが打ち合わせではいろいろ出てきます。全部応えていくことを基本にしながらも、その中で一番長くこの建物を愛してもらえるような仕様は何かということを考えながら、提案・選択をしていきます。マーチングバンド部が、全国大会でよりよい成績を残せるようになり、奈良学園の名前が全国にアピールされていく。そんなきっかけの建物となることを想像しながら。

UPDATE:2019.05.09

Original

建てること。お客様が喜ぶこと。地域が成長すること。

いい建設は、「関係性づくり」から。
今回のプロジェクトは、4年ほど前から奈良学園大学が力をいれているマーチングバンド部の練習場や楽器を収納する倉庫をつくりたいというご相談があって、はじまりました。学生が思いっきり練習できるように、遮音設備も整え、楽器ごとに練習できるような建物をつくる。全国でもベスト3に入るそのクラブ活動を支援する環境をつくるためには、関係する様々な人の想いを汲み取ることが何よりも大切になると私たちは考えました。施主さんはもちろん、顧問の先生、大学生の部長さんにも打ち合わせに参加していただき、納得いくまで意見交換をし、つくる土台を固めました。

UPDATE:2019.05.08

Original

もっと見る

ENTRY 応募