MESSAGE メッセージ

Show

まだ馬肉が郷土料理のひとつでしかなかった時代に、馬肉の可能性を感じとり、生産者さんの愛を感じました。
そこから店舗を持つ構想はムクムクと湧いてきて、良い取引先、路地裏だけど街の匂いのするお店、そんな出会いも後押しされるようにお店をオープンさせました。

当時はお金もなく、一つの新品の厨房器具も買えず、すべて貰いものなんて当たり前。モザイクタイルも厨房設置も、飲食の仲間と共にやりました。当時のスタッフは総勢6名。とてもよく働き、寝る間も惜しんで店を楽しみました。それでお店は繁盛。

自慢は窯焼きで肉のみを焼くスタイル。馬料理を馬刺し以外で提供する。
素材の可能性を飽くなきまでに挑戦する。

10年続けることで、私たちが発信した事が一般化され、普通となり、今ではこんなにも多くの馬肉を扱う飲食店が存在しています。
意味のあることをやり続けると、賛同者が現れて、それはやがて当たり前となり、『文化』となります。

私たちは、日本の食文化を豊かに創造するために、飲食店・デザイン・企画を通じて意味のある事をやり続ける集団でありたいと思います。

代表取締役 下遠野 亘

詳しく見る

CULUTURE 文化・制度

食材探訪

Show

食材においての使命は【オンリーワンをスタンダードに】

スパイスワークスのこだわりの一つ、素材特化のお店が多い理由です。

私たちは定期的に全国の生産者様を訪れています。
それは当たり前のように食されている食材にも、
一つひとつ命があり、食材が食材になるまでのストーリーがあるからです。

そのストーリーを生産者様のもとで学び、感じ、
料理人は料理に、サーバーはサービスへと表現を変えて、お客様へ想いを伝えています。

マイナーな食材をメジャーに、メジャーを定番へと根付かせる。
第一次産業の出口として、生産者様の想いの伝道師として、今後も活動していきます。

一覧を見る