OUR PEOPLE / 社員紹介

マネージャー
大崎  心
  • 関西エリア統括
  • 府立高等学校出身

東京で新たなチャレンジしています

大丸梅田店で店長として皆をまとめながら漠然と次のステップを考えている頃、上司より勉強のために東京で勤務するお話をいただきました。
百貨店と直営店、大阪と東京、どちらでも通用する力を持ちたいと考えていた私には葛藤も踏みとどまる理由もありませんでした!
今はフィッターとして新たなチャレンジをしています。直営店では世界観、季節感を表現するディスプレイも大切な要素。ブランドの見せ方や訴え方も勉強になります。
大型店舗なので、スタッフの働きやすい店作りも考えます。
まもなく入社6年目。何となくですが自分のやりたい道も形が見えてきた気がします。

UPDATE:2016.10.25

Original

フィッターの醍醐味、やりがい・・・

やはり、お客様にぴったりのものを合わせることができた時ですね!
自分が迷っているとお客様も不安になります。
でも自分が自信をもって提案できれば、お客様も確信して喜んで買ってくださいます。初めは特に知識も経験もない状態でしたが、未熟でも指名してくださる方がいると、お客様の期待に応えようという気持ちが芽生えます。
ここでは予約して来てくださるお客様もいて、そんな時は本当に嬉しく思う瞬間です。
「あなたが合わせてくれたらそれ買う!」と言っていただけたりと、やはりお客様からの声が私を成長させてくれていると感じます。

UPDATE:2016.03.31

Original

他社の販売会社ではなく、ゴールドフラッグへ入社を決意した理由

ゴールドフラッグは、求人サイトで見つけました。
自分が行っていた下着屋でなく、きらびやかな印象のあるブラデリスニューヨークに興味を持ち、また”フィッター”という職種が一体何なのかとても気になりました。
販売を志望していた中で、ゴールドフラッグはとても目新しく感じ、実際に自分でも聞いてみたい!知りたい!と直感で思う気持ちが背中を後押した結果、複数を受けるわけでもなくゴールドフラッグに一途に応募しました。
自分の社交性を活かせる仕事、自分自身がわくわくできる仕事。
やってみたい!という好奇心が入社の決め手です。

UPDATE:2016.03.18

Original

もっと見る

CAREER STORY

入社から現在に至るまで。ポジション、役割、職務をご紹介。

▼2011年12月 

下着メーカーで勤めるのは初めてでした。
お客様の体に触れたりと初めての経験ばかり。
1人目のお客様に接客した時はとても緊張したのを覚えています。
接客人数が自分の自信につながっています。

Show

▼2011年3月

大阪本店で働き、梅田大丸へ異動に。
自分自身、百貨店に買い物に行ったことがなかったこともあり、馴れない環境で緊張でした。
梅田大丸店自体のリニューアルもあり、店舗の雰囲気、環境が大きく変わり心も一転しました。

Show

▼2012 後輩が入社

色んなことを聞かれて、自分の成長にもつながっています。
答えられないことがあれば、すぐに店長に聞いて改めて学ぶことも多かった日々でした。
またお客様のサイズ合わせに迷走してしまう経験もしました。
お客様に一番いいのは何?ぴったり合わせることができずに自問自答することもありました。
1人1人にあったものを提案することは本当に難しいのです。

Show

▼2013年  最年少で店長へ就任

店長に任命されました!
当社は年齢関係なしに評価する会社です。会社から実力に見合った役職を、とありがたいお話をいただきステップアップできました。

スタッフはみな年上でしたが、それでもやりにくい環境でなく、店長として一人前になれるよう成長させていただける環境でした。
自分の接客、他のスタッフの接客、お店の売り上げが自分の責任となり、その背負う責任はこれまでの景色とはまるで別世界でした。

接客以外の業務も増え、店舗運営に携わるようになり、最初わからないことだらけでしたが、何とかやってこれたのは以前の店長が私を育ててくれたおかげです。とてもお世話になったことに感謝しています。

Show

2016年9月 東京へ異動

勉強のため東京へ。異動となった店舗のある表参道はファッションの中心、ハイセンスな場所です。初めてでもお客様とフレンドリーに接客する関西とは異なり、ゆったりとした時間と空間の流れの中で踏み込んだ接客などいろいろ模索中です。
表参道店では直営店の様々なことを学びながら、私の今までの百貨店経験も教えあうことができています。皆で共有しスキルUP!
そして何より店の周辺は刺激的です。魅せ方ひとつにもお店のこだわりが。お休みの日は勉強がてら周りを徘徊しながら東京を楽しんでいます。

Show