CROSS TALK / 特別座談会

VOL.1

違った経験を持った2人が語る
仕事・会社のこと

様々なクライアントの満足・安心を提供するため、日々奮闘するフロントスタッフ

今日も水がでる、電気がつく。
安心安全に暮らせる毎日があるのは、当たり前でしょうか。
マンション1室1室に住まう人たちの人生があります。
そんな住人の方々の毎日の当たり前を提供するため、お客様先へ走る2人。

それぞれ年齢も経験も違う2人が、仕事・会社について語ります。

MEMBER PROFILE

Show

マンション管理第一部
大西 名音
2016年入社
関西大学出身

新卒で入社し、持ち前の謙虚さ、丁寧な対応が活かされ活躍する若手エース。

Show

マンション管理第一部
上念 雄飛
2016年入社
大阪学院大学 出身

新車ディラーの会社に勤め、数百万円以上のものを売るお仕事から、
建物管理のお仕事へ。 入社わずかでスタッフ・お客様からの信頼を得て活躍中。

この仕事のやりがい・難しさって?

Show

大西さん:上念さん、今日は面と向かって語り合うということですが、よろしくお願いします。 上念さんは僕の憧れの大人像です。そんな上念さん、この仕事って一言でいうとどんな仕事だと思いますか?

上念さん:
なんか、こんなん初めてで緊張するわ。憧れのって・・・いつもそんな感じじゃないのに、急にどうした。(笑)
まぁ、真面目にいくで。そうやな。この仕事は法律、資格、知識、資産価値、安全を守る仕事。と言えるんじゃないかな。 以前勤めていた職場では、攻める営業やったけど、きっちり守る立場。それが前職との大きな違いのように感じるね。 お客様の前ではプロとして車は売って終わり。その先の人生はお客様に任せていたけれど、建物管理の仕事は、会社の顔として、 大きな責任を背負うお仕事でもあるな。大きな責任はあるけど、お金、生活、人生に関わり続ける仕事であって、1つの住まいには それぞれの夢がつまっている、そのバックアップをする役割やといえるし、そこに大きなやりがいがあると思ってる。

Show

大西さん:
なるほどですね。僕もその意見に共感します!
時にはオーナーさんからクレームをいただくこともあるけど、ピンチな状態から、信頼関係を築けた時は本当にやってよかった!と思える仕事ですよね。他にも色んな専門知識を勉強できますしね。でもどんな資格、知識よりもコミュニケーション能力が必要で、本当に 鍛えられるなと実感しますね。総会は毎回緊張ですよね。

上念さん:
そうやな。特に総会では組合の方が一番に欲っしていることをいかに知るかが大切やな。費用面なのかモラル面なのかなど。
色んな立場、色んな意見・見方がある中で、最良の選択をしていくというなんとも難しいかつおもしろい仕事だと思うよ。 自分のものさしでははかりきれないことばかりが日常茶飯事。それでも、私の考えとしては「怒りはその人のコアでありポリシーである」だと思っている。そのポリシーを私たちがしっかりとキャッチし、共に解決策を見つけていく。この仕事をする中でそういったことを感覚的に身につけていったように思うよ。

大西さん:
先輩。さすが、いいこと言いますね!!
振りかえってみれば、本当にそうだと思います。そうして信頼関係を築いていければ、お客様側から相談してくれることも増えたように思いますね。

上念さん:
大西くん、やるな!どんなことも、最後まで、聞き入れること。
味方であることをしっかり伝える、聞く態度や、かける言葉が大切。
大西くんは、自分のスタイルってあるの?

大西さん:
そうですね。僕はやはりどんなことでも動くこと。
お客様のところに会いに行くことは徹底していますね。
以前にあったのですが、前任から引き継がせてもらったお客様のお話で、正直前任の印象があまり良くなかったというご意見を聞いて、
お客様は会社をあまり良いように思っていなかったんです。でも、実際に何度かお会いしに伺い、しっかりお話を聞いて、 誠意をもって真摯に向き合うこと、お客様のことを考えることをちゃんとしていると自然と頼ってくださったんですよね。 その時は本当に心の棘が取れたような嬉しさ、やりがいがありましたね。

上念さん:
大西くん、素晴らしいぞ!私も見習わせてもらうね。
それでも、たくさんの住人の方がいて全員の方の意見にすべて応えることは相当難しいのも事実。だからこそ、ベストな選択を行い、 自分の意見を伝えるべきところはしっかりと伝えることも大切だよな。あくまでバックアップ黒子の役割として。

グローバルコミュニティの魅力とは?

Show

上念さん:
ところで、やりがいも大変さも深い仕事だけど、大西くんはこの会社だからこその良さって何だと思っている?

大西さん:
そうですね。僕は新卒で入社し、3ヶ月間の研修を経て7月から現場にでています。振り返ると、経験を積めるスピードが早かったと思いますし、
それがこの会社の良さだって思います。最初は大変ですが、早くに成長できるのが魅力ですよね。僕みたいに経験を早く積みたい方にとってはですが。
とはいえ、研修後のサポートもしっかりしてくれたので、時にはミスもありましたが、フォローしてくださり、一人前に育ててもらえたと思っています。
上念さんはどうですか?

Show

上念さん:
そうだな。私が思う良いところは、まわりのメンバーはそれぞれ苦労もしてきていて、だからこそ、その経験やノウハウを生かせる。
若い世代も含めて、みんなでそういったノウハウを共有していける環境であることが魅力だと思うね。外から社内に帰ってきて、大変だったこと、良かったことをチームメンバーに共有しあえるし、お互いを尊敬しあえる関係が最高だな。どんな仕事も楽しいこともあれば大変なこともあるけど、
大変な時に前向きに一緒に乗り越えることができる環境は本当にありがたいことだと思うよ。

大西さん:
そこは僕も共感します。改めて良い環境だと感じました。
上念さんは僕の目標です!たくさん良いところを盗ませてもらってます。チームは違いますがこれからもお願いしますね。